価格帯別商談回数と取り入れるべき営業手法

■ 動画で学ぶ
■ 文字で学ぶ

 

■ 価格帯別商談(現調含む)回数の目安
・100万前後→1〜2回
・200万前後→2〜3回
・300万前後→3〜4回
・500万〜1000万まではMAX 5〜6回
※ 上記の回数以内に収まる業務フロー作りが重要

 

■ 1回の商談にかかる移動費の目安
・正社員にかかる人件費は概ね時給¥3,000
・片道1時間(往復2時間)の場合約¥6,000/1回
・交通費を¥1,000と仮定すると約¥7,000/1回
・上司や工務が同行すれば¥15,000前後/1回
※ 仮にポンコツでも1人で行けるスキーム作りが重要

■ 1店舗で月100件の成約がある場合
・約¥7,000×100件=約¥700,000/月(たった1回で)
・同行すれば約¥1,500,000/月(たった1回で)
・成約率50%だと引合は200件なので140万〜300万
⇨ たった1回オンラインを挟むだけで上記コストはカット
※ 見えない費用を見える化すれば重要な事が分かる

 

以上

 

■ お問い合わせ